どう変わるの?小学校の英語

Hello! 新潟市秋葉区を拠点に活動する0歳からの英会話教室リトル・パンプキンズ英語講師CHIEMIです。

100年に一度の大教育改革!!

と謳われる、2020年からの小学校英語教育。

2020年が近づくにつれ、「いったいぜんたい、何がどう変わるの?」という声を聞くことが増えてきました。レッスンに通ってくださる保護者の皆さんには、お話してきた内容ではありますが、読んでくださる皆さんにもお伝え出来たらと思い、纏めています。

ソワソワ、ドキドキ!

基本的な変化としては、

小学3,4年生→外国語活動が始まります。コミュニケーションにおける素地を作る英語活動を行います。年間35コマなので、月3回程度ですかね。教科化に向けて少しずつウォーミングアップしていくイメージではないでしょうか。今の子供たちは、小3~高3まで、トータル10年間をかけて、英語を身に着けていくことになります。

小学5,6年生→外国語(英語)が教科になります。すなわち、通知表の評価対象になる。ここが大きな変化です(今までは楽しく活動できたらOK!という感じですね)。コミュニケーション能力の基礎、初歩的な運用力を養うことを目的に、週2回程度授業が行われることになります。

私たちが学生だった頃は、「読む」「書く」の2技能が中心にあり、学校の授業の中で「聞く」「話す」を磨く時間はほとんどありませんでした。なんとなく読めるし、文法は理解できるけれど、いざ外国人を目の前に会話ができない。海外のレストランでテーブルの予約をするなんてとんでもない!といった人が多くなったのも納得ですよね。

今の子供たちが学んでいることは、私たちの時代と大きく異なります。

「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を伸ばすことが求められていますし、プレゼンテーション(発表)する力を育てることも「話す」力の一つとして求められています。

この100年に1度の大教育改革!と言われると、何が起こるの??とビクっとしてしまいますが、英語教室の講師の立場から言うと、コミュニケーション力や運用力を強く意識してこれまで生徒を指導してきたので、小学校英語が目指す方向が変わってきたことへの安堵の気持ちが大きく、また、中学、高校、大学受験が「使える英語」を意識したものに変わっていくことへの期待が膨らんでいます。

期待に胸を躍らせましょう♪

子どもたちに聞いても、英語を活かす場が増えて楽しみという子供たちが多く、頼もしい限りです。

「そんなこと今やってないし~」「その考え古っ!」と言われないためにも、子供たちが学ぶ内容の変化を一緒に把握していきましょう♪

一緒に学びませんか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA