【小3あるある?】ローマ字と英語はちがう!?

Hello! 新潟市秋葉区を拠点に活動している英会話教室リトル・パンプキンズ、講師Chiemiです。

昨日、息子がローマ字宿題をしながら、ブツブツ。。。

「あーわかんない!!」と雄たけびを上げていたので見てみると、

😉megane=>みがね (meがあったから。。しまいにはミゲインとか言ってた)

😉ari => あーい (ar….art/part アーって読むし)

と色々面白いことに(^^;

一緒にやりましたよ~

実は、この壁にぶつかることは予想していて。。待ってました!とばかりに、もろもろ話をしました。

そうしたら、「あー読めてきた。わかったかも。。謎解きみたい(笑)」と笑いながらプリントに戻っていました。

どんな話をしたかと言うと、

💙ローマ字は日本語。英語とは別のもので、英語のルールは使えない
(日本語を読めない人に日本語の音を伝える表記方法なので、意味までは伝わらない=英語ではない)

💙母音の音は5つしかないから、順番(a,i,u,e,o)に覚えて50音表を頭に浮かべるべ
(定着するまで、プリントの上にa=ア、i =イ..と5音分書いてからやると迷わなくなります)

💙ヘボン式以外は使わないから、覚えなくてもOK(ざじずぜぞのzバージョンね。あくまで我が家ルールです!

小さい頃から英語の音と文字をつなぐ、フォニックス学習をしている子供たちにとって、なかなか難しいローマ字。

なんせ英語の母音のバリエーションは26とも言われ、前後の文字や組み合わせの影響を受けて、変化します。そのルールを覚えてきたところでのローマ字授業、、( ;∀;)

英語経験のある子供たちにとって、混乱要素いっぱいなのです(^^;

🎃小文字をスラスラ書き出せる
🎃英語の読み方はマスター出来ている
🎃フォニックスが定着している

もし混乱していたら、こんなに英語が出来るようになっていることをまずは褒めてあげてくださいね。

逆に言うと、小3を過ぎて英語を始める子は、ローマ字読みが英語を読む基本の方法になってしまっているので、「ローマ字は日本語。今からやるのは英語という別の言葉だよ」とスタートする必要がありますね。

この時期にやらんでも~と思ってしまう母でございました( *´艸`) 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA