【保育園訪問レッスン】保育園レッスンって何をやってるの?

Hello! 新潟市秋葉区を拠点に活動する0歳からの英会話教室リトル・パンプキンズ英語講師CHIEMIです。

ようやく暑さも落ち着いて、過ごしやすくなってきましたね。

保育園児さんとのレッスンはどんなことをしていますか?

そんな質問があったので、少しだけご紹介しようと思います。ちょうど今週はある保育園で年長さんとのレッスンがあったので、振り返ってみます。

月1回の英語教室を楽しみにしてくれている子供たち。

まずは、Circle Timeからスタートです。

Circle Time(サークルタイム)では、座って、あいさつ、お天気や基本的なやり取りをして英語の時間だよという雰囲気を味わいます。英語モードに気持ちを切り替える意味もありますね。その後、ルーティーンのお歌やマネっこ遊びをします。

心も体も準備が整ったところで、毎回テーマに沿ったアクティビティをするのですが、今回はFruitsの名前と数の復習を兼ねて、Fruits basket Turnover(フルーツバスケットです)をしました(^^♪

当たる果物No1はリンゴ~♪ 

各自好きなフルーツをもって、1つ席の足りない椅子にいっせいに座ります。座れなかった子に” What fruits do you like?”とインタビューしていきます。”I like apples.”と答えたり、みんなで入れ替わりたいときは”I like everything!” ”Fruits basket turnover!”と言って動く遊びです。

年長さんが普段している遊びの一つなので、細かくルールを説明する必要がなく、「あーはいはい。あれね。」とすぐに理解して楽しむことが出来ます。文章で答えることが難しければ、単語で答えたり、「フルーツバスケット!」と言うなど、子供たちそれぞれのレベルに合わせて対応できればなお良しですね。

「オールイングリッシュ=すべて英語で」

が幼児英語教育の主流ですが、普段英語に接する頻度の少ない子供たちが不安にならず、きちんと意図が伝わるようにするには、講師の工夫が必要です。

一方的にベラベラ話すだけでは、子供たちの頭は??でいっぱいですし、ついてくださる園の先生が「今〇〇するんだよ」というようでは、こちらの工夫が足りないと思っています。最初からすべて英語で~と大人のペース(^^;)で進めるよりは、月1回でも「分かった!」「面白そうだね!」と子供たちに思ってもらえるように日本語も少し交えながらレッスンするほうが私は好きです。

と、話がそれてしまいましたが。

今回のレッスンでは、みんなインタビューされたくて、なかなか座らない。。という可笑しな光景も♪ 椅子が見えないようなしぐさをする子まで現れて、笑ってしましました。

アクティビティの後は、アルファベットの練習をしたり、絵本を読み聞かせたりと、静かに座った学びも取り入れています。

「もう終わり?」「まだやりたい!」など、子どもたちからも聞こえてきて、あっという間に感じるのは、私だけじゃないんだなと嬉しくなりますね。

といった感じで、毎回楽しく英語を吸収できるレッスンをしています。

乳児、年少、年中さんクラスなど、子供たちの年齢や成長に合わせたプランをご用意していますので、お気軽にお問合せください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA