【保育園訪問レッスン】もうひとつ大切にしていることがあります

Hello! 新潟市秋葉区を拠点に活動する0歳からの英会話教室リトル・パンプキンズ英語講師CHIEMIです。

関東で猛威を振るった大型台風も去り、新潟市のむわっとした暑さも落ち着いてきました。今日は、昨日に引き続き新潟市江南区の保育園様にて、年長さんのレッスンでした。

園につくなり、外遊びに出かけようとしていた年中さんに遭遇。昨日のレッスンを覚えていてくれて、「英語の先生、ハロー♪」「今日も英語する?」と楽し気に話しかけてくれました(^^♪ うれしいですね~。

年長さんたちとのレッスンは、発表会で披露するお歌の指導、アルファベットの文字と音の指導を含んでいます。園の保護者の皆さんに、子供たちの可能性をまた一つ知ってもらえるよう、園の先生方と一緒に取り組んでいます。

前置きが長くなりましたが、「先生を不安にしないこと」

これが私の大切にしていることです。

私が園に伺えるのは月に1~2回程度のことが多いです。「英語に興味はあるけど、苦手です!」「英語の歌なんて歌ったことない」と話す保育士さんもたくさんいらっしゃいます。なので、私がいる1時間は任せてもらい、その他の時間、どのように英語を保育に楽しく取り入れていくか、先生方に少しでもヒントをお渡しできるよう心がけています。

「毎日歌ったほうがいいですか?」というご質問を受けた際は、もちろん毎日必ず歌ってください!といいます。

ウソ。冗談です(笑)

「お昼や自由時間にCDを気ままに流してはどうでしょう?」もうすっかり馴染んでいる曲なので、張り切って歌いだす子がいるでしょう。それを聞いて、心の中で歌う子もいるでしょう。ほかの遊びに夢中な子もいるでしょう。それでOK!そんな話をした記憶があります。

かける頻度を増やすことで、音が聞き取りやすくなったり、言えるフレーズが増えてくることを期待して。次に私が来るときに、言えてるね!覚えてるね!と一緒に喜びながら歌えたら楽しいですね。

保育時間に、楽しく英語を取り入れてみませんか?ご興味がある方は、ぜひ一度お問合せください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA