【フォニックス学習】読み書きで苦労した経験はありませんか?

Hello! 新潟市秋葉区を拠点に活動する0歳からの英会話教室リトル・パンプキンズ英語講師CHIEMIです。

発音記号がなくても、文字を見ただけで正しく読める語がたくさんになるってワクワクしませんか?

知らない単語でも、聞くだけで文字の綴り(スペリング)が想像できる。正しく書けるようになるとしたら、ワクワクしますよね。

このワクワクを可能にする学習法が

音と文字のルールを学ぶ=フォニックス学習 です。

日本語は〈あ・い・う・え・お…〉と文字の「名前」を覚えれば、「そ・ら(空)」「あ・お(青)」といったように、単語を作ることができます。同じことが英語でも出来るのか、下の表で見ていきましょう。

Dog=ディーオージーと英語の「名前」を覚えても、単語の意味は成り立たたないことがわかります。 つまり、アルファベットには、エービーシーという文字の「名前」と、アブックドゥという「音」があるのです。

子供たちはこんなことを学んでいるんですよ~とフォニックスの話をすると、英語の名前だけで英語学習を乗り切ったママパパ世代の皆さんからは、「私もこれやりたかった~!」「学校でも教えてほしい!」といったお声が聞かれます♪

ただ、フォニックス学習が徐々に浸透してきたことは喜ばしいことなのですが、なんだか魔法のように取り上げられていたり、それだけで英語が話せるようになるといった、間違った印象を与えるものもあり、ちょっと!ちょっと!フォニックスだけじゃ足りないよと思っているこの頃です。

どちらかというと、英語の読み書きの領域がぐっとレベルアップする。 魔法ではないですが、 他の領域を助ける土台となるイメージでいるといいのかなと思います。

リトルパンプキンズでは、学齢、学習経験にあった指導方法でフォニックスを取り入れたレッスンをしています♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA