【小学校英語】2020年度 新潟市英語の教科書はこれ!

Hello! 新潟市秋葉区を拠点に活動している英会話教室リトル・パンプキンズ、講師のChiemiです。

先日、委託の仕事先にて保護者会を開催しました。私のレッスンでは、参観日のように見学する時間と、懇談会のようにお話しする時間を組み合わせています。

お話の時間の中で、今出来ていること、あと一歩なところ、少し先の目標などを共有したり、質問に答えたり。。自分の子供だったら、こんなことを知りたいなとか、こんなことが分かっていたら嬉しいなという母親の目線を忘れずに、講師としてお話するように心がけています。

小学校での英語教育が来年度から始まることを受け、色々な質問を頂きました。ざっくりまとめると。。

何年生から始まるの?

「小3から必修化」「小5からの教科化」がキーワードです。

必修化とは?

小学校で教えなければならない内容になったということ。これまでは小5,6年生が必修化の流れの中で学んできました。教科ではないので、楽しく英語に触れることが目的となっていることが多かったように感じます。年間35コマです。

教科化とは?

教科書を使用し、テストなどの結果を受けて、成績がつくこと。「教科書使用」「成績がつく」というのがこれまでと大きく異なる点です。年間70コマです。

新潟市はというと、教科書に「NEW HORIZON Elementary 」を採択したと発表しています。ビジュアルはこんな感じ↓ 

上から、5年生、6年生、共通の絵辞典です。

Picture Dictionary

辞典は600-700語が含まれるとのこと。語彙が豊かになりそうですね。

英語講師の立場から言えば、教科書の音声化の有無が気になるところだったので、”3分冊に計約200か所のQRコードを用意し,質の高い音声をいつでも聞けるようにしました”との記載を見つけて嬉しくなりました。

5年は「日本」,6 年は「世界」をテーマに学習内容を構成されているようです。身近なトピックから話題を広げていけますね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA